気になる企業に登録

コード
1457
  • 企業の特徴:
  • 環境問題に積極的に取り組んでいる
  • 転勤なし
  • 地域の文化活動に力をいれている
  • 新規事業に積極的
  • 資格制度、社員教育が充実
  • 正社員採用
運輸・物流・倉庫
しずてつジャストライン(株)
9月総合職・運輸基幹職の採用試験新規日程を公開!!総合職・運輸基幹職それぞれ募集中。バスという公共交通機関は、人のくらしになくてはならないライフラインのひとつ。地域社会、静岡、街、人に貢献できる仕事を選んでみませんか? 若手社員一人ひとりの行動で、静岡という街をよりよく変えていけます。
  • エントリー
  • 基本情報
  • 採用情報
  • もっとPR
  • 先輩社員の声
  • フォトアルバム
  • 新聞社イベント

プロフィール

バスを通じてできることは、きっとたくさんある
小林 紗英子(24) 四大文系卒 入社2年
出身形態:Uターン
小鹿営業所
  • 内勤
  • パソコン使用
  • 勤務シフト制
  • 部署内スタッフ20人以上

画像をクリックすると拡大できます

現在の仕事内容

入社1年目は営業所に配属となり、運転士さんの就業管理をはじめとし、売り上げ管理や給与管理などに携わっています。任せてもらえる業務の幅が非常に広いのが特徴です。運転士さんの給与に直結する勤務表のチェックなどには非常に神経を使いますが、私の業務が「最前線で働く運転士さんたちを裏方で支えているんだ」という実感につながり、そこに働きがいを感じます。また、年に数回地域の小学校で行う「バス教室」の進行役も大切な業務のひとつ。子どもたちから「バスの乗り方がよく分かった! ありがとう」と声をかけられると、やっぱり嬉しい。地域に貢献できているんだな、と実感できます。

1日のスケジュール

時刻内容詳細
8:50出社→精算 前日の売上金を精算し、その日の日報として本社へ報告します。
11:00就業管理 運転士さんの就業管理も大事な仕事。この管理をもとに給与が計算されるため、見落としがないよう慎重に作業します。
12:00ランチタイム 食堂で昼食。たくさんの運転士さんが集まりますが、おかずやお菓子をお裾分けしてくれることも。
13:00経費分析 営業所でかかった経費を前年と比べ、変化の要因を調べ改善案を考えます。この結果は月1回行う業務担当者会議で報告します。
15:00伝票管理 交通費の精算や備品購入時の支払情報などをミスなく登録していきます。
17:25退社 自分の仕事が終わったので、この日は定時で退勤。最近は自分のペースができてきました。

職場の雰囲気

とても明るく、相談しやすい雰囲気だと思います。何か困ったことがあればしっかり耳を傾けてくれたり、ときに冗談を言って笑わせてくれたり。世代や経験こそ異なりますが、頼りになる人たちがいるからこそ、大変なことも乗り越えられるのだと思います。どんなでもにも助けてくれましたね。休みの日でも所内の方同士で日帰りの旅行や、共通の趣味を楽しんでいる方もたくさんいらっしゃいます。仕事の仲間でもあり、友人でもあるような存在が身近にいるのも微笑ましいですね。

会社を選んだ理由

大学のゼミで「静岡市の人口減少」をテーマに論文を書いたことから、静岡を支える公共交通事業について考えるようになり、企業研究を進めるうちにしずてつジャストラインという会社と巡り会ったことがきっかけです。
調べを進めるうちに、人口減少が公共交通の撤退・縮小につながることや、公共交通の衰えが人々の生活に影響を与えること、また その影響が以前より深刻になっていることを知りました。そこで芽生えたのが、「公共交通事業を盛り上げて、地元・静岡を元気にしたい」という気持ち。大学進学で静岡を離れ、改めて静岡の魅力に気づいたことも大きかったです。

学生の皆さんへのアドバイス

就職活動のとき、特に面接など人と話す際に、「自分はこれを頑張りました」、「自分はこれが得意です」、「自分の長所はこれです」と胸を張って言えるようなエピソードがあると強いです。内容はなんでもいいと思います。ゼミ活動、部活動、サークル、アルバイト、ボランティアなど。エピソードを通して自己PRできるようになると、根拠があるので採用担当者も納得しやすいですし、なによりも自分が話しやすい。更にはそれが自信につながり、前向きに就職活動に臨めると思います。
皆さんきっとひとつは頑張ってきたことがあるはずです。振り返り、自己分析をしてみてください。
また、就活を頑張るということは、みなさんの学生生活は残り1年程ということです。学生のうちにぜひ、色んなところに行ってみてください。「色んなところに行く」というのは、旅行でも良し、趣味に関わる場所やイベントでも良し、市民活動でも良し、なんでも良しです。社会人になると学生のときよりも、当然自由に使える時間は減ってしまうので、今のうちに色んなことを経験しておいて欲しいですね。学生時代の経験は、社会人になって必ず活きてくると思います。「こんなのやっても役に立たないだろう」ということも、案外話のタネや自己紹介のネタになったりして、使えますよ(笑)。

  • エントリー

気になる企業に登録

  • 基本情報
  • 採用情報
  • もっとPR
  • 先輩社員の声
  • フォトアルバム
  • 新聞社イベント


Copyright © Shizuoka Shimbun., All Rights Reserved.

閉じる