気になる企業に登録

コード
55
  • 企業の特徴:
  • 株の公開(店頭・上場)をしている
  • 新規事業に積極的
  • 資格制度、社員教育が充実
  • 既卒学生を積極的に採用している
  • 正社員採用
教育
(株)秀英予備校
子どもたちの人生を豊かにするための教育サービスを提供し、業界トップをめざす東証1部上場企業
  • エントリー
  • 基本情報
  • 採用情報
  • もっとPR
  • 先輩社員の声
  • 新聞社イベント

プロフィール

授業を通して「独りでも出来る」と気づかせること
德満 優輝 四大文系卒 入社2年
高校事業本部 第3本部 小田原・山梨ブロック

画像をクリックすると拡大できます

現在の仕事内容

 大学受験を志す現役生・浪人生に対して集団授業や個別授業を行います。担当するレベル・学年・校舎に応じて話す内容や授業構成を変えるので、
①過去問研究 
②本を読んで知識の増強と授業づくりの参考にする
といったことは日常レベルで行い自分をアップデートします。通常授業以外の講習などでは、オリジナルで教材を作成することもあります。
 ただ、我々教師は知識を提供するだけではありません。むしろ行うことは授業を通しての「コーチング」、つまり「やり方」を教えることです。試験で点数を取らせることは勿論ですが、その科目の勉強の仕方、初見の問題を解くための考え方を提供し、生徒に「これなら自力でも出来る」と思わせる(勉強の独り立ちを手伝う)ことが一番の狙いです。「科目を通して考える力を付ける授業」を念頭に置いて教壇に立っています。

会社を選んだ理由

 元々、私自身が秀英予備校(山梨本部校)に通っていた経験があります。そこで出会ったアドバイザーの方や授業を担当していただいた先生方に助けられたのを覚えています。高校の授業よりもずっと面白く、高校よりもずっと親身になっていただきました。それまで真っ黒にしか見えてなかった教科書に、色が付きました。自力でどんどん読める、わかる。勉強に見向きもしなかった自分が、解けると自信になる感覚を味わいました。
 そこで、今度は自分が教壇に立って、悩んでいる生徒たちの景色を鮮やかにしようと思い、高3の時点で「高校生に授業をする」と決めていました。
 秀英は、大学受験生を集団で指導できる数少ない予備校で、自分のやりたいこととマッチしていたので入社を決めました。

学生の皆さんへのアドバイス

 社会人になるというのは、その道のプロになること、つまり仕事において責任を持ち、事態をきちんと受け止めることだと思っています。
 まだどの系統でいくか迷っている方は、ワークライフバランスといった視点だけでなく、
①「この職に就いたとして、相手に失礼にならないような仕事が出来るか」 
②「好きなことで生きていく」が現状無ければ「得意なことで生きていく」
といった視点で見てみると、別の選択肢にも気付けると思います。皆さんに良い出会いがありますように。

一番嬉しかったこと

 生徒たちの第一志望合格のため、我々は一回一回が真剣勝負です。教師は、生徒が今の授業で満足しているかどうかを「授業アンケート」という形で評価を貰います。目の前の生徒が書くものですので、一番客観的な情報になります。
 これまで、「先生の授業が楽しみでワクワクしてました!」「大嫌いだった古文ですが興味が持てました」「早くから先生の授業を受けておけばよかったです」「自分の支えです」「もっと頑張ろうって思えます」といったコメントをいただいてきました。生徒たちに感謝するとともに、それらのコメントが大いに自信になり、今の自分の授業を作っています。自分の授業で救えている生徒がいると思うと、嬉しくなります。
 活力を維持出来ているのは、受講していただいている生徒たちがいるおかげです。

  • エントリー

気になる企業に登録

  • 基本情報
  • 採用情報
  • もっとPR
  • 先輩社員の声
  • 新聞社イベント


Copyright © Shizuoka Shimbun., All Rights Reserved.

閉じる