• この企業が2021年採用を、実施することを保証するものではありません。

アクセス企業に登録→

コード
1896
    エネルギー・環境
    静和ケミカルサービス(株)
    • 基本情報
    • もっとPR
    • 先輩社員の声
    • フォトアルバム
    • 新聞社イベント
    • ムービー

    プロフィール

    強い信念は実現への原動力!
    小澤嘉乃(26) 四大文系卒 入社4年
    出身形態:ずっと地元
    管理部 企画支援課
    • 内勤
    • パソコン使用
    • 制服または作業服あり

    画像をクリックすると拡大できます

    現在の仕事内容

    管理部企画支援課に所属しています。
    仕事内容は、営業や業務など他部門の仕事がスムーズに進むように改善や企画提案などを行っています。
    最近では、省エネ営業のサポートとして、補助金申請や省エネのシュミレーションも作成をしています。
    また、新卒対応としてガイダンスや内定者研修など、新卒者学生の皆様に自分が経験してきた事をお話したり、社員へ情報をお伝えする「社内報」の製作・発行など、多種多様の幅広いお仕事をしています。

    1日のスケジュール

    時刻内容詳細
    8:10出社おはようございます。 出社してすぐに、各部門の予定確認と本日の仕事内容についての確認をします。
    8:30仕事開始本日はエコテクノのお客様より空調設備設置工事に関する補助金の資料作成です。
    12:00昼食待ちに待った昼休み。 今日は色味と栄養バランスを考えたお弁当。もっと料理上手になりたいです。
    13:00仕事開始先輩社員と企画の打合せを行います。今回は新人教育のカリキュラムについて議論中。
    18:25まとめ作成物の報告をし、 明日の仕事内容についての流れを考えます。
    18:30退社お疲れ様でした。 好きな曲を聴きつつ 帰宅します。

    職場の雰囲気

    和気藹々とした楽しい職場だと本当に思います。男性社員が多く、いつもにぎやかな職場ですが、皆がとても優しく親切です。そして「働く女性」が当たり前の時代でもあるので、女性社員も皆がとても明るく、アクティブに活動しています。また、何かミスをした時でも、ただ一方的に怒鳴るだけではなく、どこが間違っているのかをきちんと指摘して叱ってくれる良い職場です。

    会社を選んだ理由

    高校の頃から環境保全に興味を持ち、大学では造林関係を学んでいました。そして就職活動中に、環境保全事業をしている静和ケミカルサービスと出会い、経営理念や社長の熱い思いを聞き「ここで未来の環境のために貢献したい」「ここでなら自己成長が出来る」と強く思えたので志望しました。

    学生の皆さんへのアドバイス

    「就職活動をするにあたって、妥協をしないこと」これをまず肝に銘じておいて下さい。就職活動は一時のイベントのように感じる方もいますが「あなたの将来の生き方・考え方に関わること」だと認識してください。学生時代に比べ、社会人になってから得る物事は数え切れない程たくさんあります。「職種で選ぶ」のはもちろん良いことです。しかし「この会社でなら」「この会社で働きたい」と思える会社を是非見つけてくださいね!その信念が強ければ強いほど、入社後に大きな原動力となってあなたを支えてくれることでしょう。今を耐え抜けば自信を持った自分に出会え、新社会人としての強い武器を手にすることができると思います。
    就職活動で「希望する企業が決まったから」と言ってもまだ終わりではありません。そこからがあなたの人生の始まりです。応援しています。そして、一緒に働ける日を楽しみにしております。

    仕事の大変さ・嬉しさ

    【大変だったこと】
    当たり前のことなのですが、決められた期限までに頼まれたものを作成することに、まだまだ四苦八苦しております。仕事をするにあたって、その仕事内容や基本知識についての認識がないと作成してもミスが多いものになってしまうものです。まだまだ日々勉強です。
    【嬉しかったこと】
    お客様や同僚から「ありがとう」と言われた時です。基本はサポート業務なので、お客様との接点が少なくダイレクトに感謝を聞けないものです。しかし省エネセミナーを開催した時などは、お客様から「勉強になりました」とのお言葉を頂けました。その瞬間、お客様に対しても同僚に対しても感謝してもしきれませんでした。

    アクセス企業に登録→

    • 基本情報
    • もっとPR
    • 先輩社員の声
    • フォトアルバム
    • 新聞社イベント
    • ムービー
    

    Copyright © Shizuoka Shimbun., All Rights Reserved.

    閉じる