• この企業が2021年採用を、実施することを保証するものではありません。

アクセス企業に登録→

コード
1649
    電気・電子・精密機器
    三明電子産業(株)
    • 基本情報
    • もっとPR
    • 先輩社員の声
    • フォトアルバム

    プロフィール

    日々新しいことを学ぶことが出来る!
    鈴木 廉矢(23) 四大理系卒 入社2年
    出身形態:Uターン
    技術部精機システムグループ
    • 内勤
    • パソコン使用
    • 制服または作業服あり

    画像をクリックすると拡大できます

    現在の仕事内容

    精機システムグループでは主に産業用生産設備や加工機械の制御盤設計と微細加工装置の設計・開発を行っています。設計はCADを使用し製品の構造設計を行います。どちらもお客様の「こんな仕様、機能の物を作ってほしい」という声を製品という形に実現させる仕事です。

    会社を選んだ理由

    <社員を大切にし、意思を尊重してくれる職場!>
    我が社では1年間という研修期間が設けられています。その中で社内の全部署で仕事を体験し、1年後に希望の配属先を決めることが出来るのです。そのため配属されてから「思っていたのと違った。」、「こんなことがやりたかったんじゃないのに。」といったことがありません。配属後も先輩社員が設計の基礎について詳しく教えてくれます。このように職場の風通しがよく、意思を尊重してくれる職場だからこそ社員の高い定着率が実現されているのだと思います。

    学生の皆さんへのアドバイス

    私が就職活動において最も重要視したのは「自分がその職場で働く姿を想像出来るかどうか」です。企業は数多ありますが、やはり書面のみで選ばず実際に足を運んでみることが大切です。そうすればきっとあなたの意思や今までに培ってきた経験が自ずと自分がいるべき場所に導いてくれます。

    新しいことを学べる

    <日々新しいことを学ぶことが出来る!>
    我が社で扱う製品は様々な機械的、電気的理論が集結して出来ています。
    そのため一つの製品を設計する為には電気、機械など多くの理論を学び、それを図面という明確な形にする必要があります。
    それはもちろん簡単な事ではありません。難しい理論に苦しみ、分かりやすい図面を描くために悩むこともあります。
    しかしそれらを乗り越えて理解し、自分のものにできた時は計り知れない喜びがあります。

    アクセス企業に登録→

    • 基本情報
    • もっとPR
    • 先輩社員の声
    • フォトアルバム
    

    Copyright © Shizuoka Shimbun., All Rights Reserved.

    閉じる