• この企業が2021年採用を、実施することを保証するものではありません。

アクセス企業に登録→

コード
2010
    その他製造
    (株)富洋レヂン工業

    TOP コメント

    TOP コメント

    常務取締役 製造部 部長 小泉 英之

    FRPが描き出す、科学の未来を豊かに。

    株式会社富洋レヂン工業は、FRPの特性を生かし設計から施工までの全てをオーダーメイドで行なう「ものづくり」企業であり、1965年の創業以来、FRP素材の歴史と共に歩みこの業界での老舗として、各分野への「挑戦」を実現してきました。
    お客様ファーストの挑戦は、ニーズに合った特色のある製品や技術を多数生み出してきました。
    その結果、多くのお客様からご支持をいただき、FRP業界でも有数なスピードで成長し続けています。
    素材開発から最終製品まで一貫体制を敷くことで、新たな付加価値を創造し続ける一方、現状にこだわらず、樹脂製品全般の提案ができるエンジニアリング集団として「未来を豊かに」をテーマに多様な展開も行っていきます。
    未来を切り拓くパイオニア精神を持ち続けることも当社の伝統の一つです。
    「ものづくりは人が行います」当社では社員一人ひとりがスペシャリストとして個性を発揮し、展開していきます。その財産は失敗により得た経験です。
    学生の皆様には当社のものづくりへの熱い想いを受け継ぐ仲間として、失敗を恐れず、チャレンジ精神に富んだ方にお会い出来ることを楽しみにしています。

    フォトニュース

    フォトニュース

    画像をクリックすると拡大できます

    富洋レヂン工業の日常や製品を紹介していきます。

    • 2019年度は大卒・高卒と2名の新入社員を迎えました2019年度は大卒・高卒と2名の新入社員を迎えました
    • 高校でFRPについて授業をしました高校でFRPについて授業をしました
    • 入社3年目。若手社員が活躍しています!入社3年目。若手社員が活躍しています!

    もっと見る

    • 基本情報
    • フォトアルバム
    • 新聞社イベント

    事業内容

    事業内容

    FRP(強化プラスチック)を使用し、お客様からの要求性能、生産量、想定価格に応じて、各人の専門知識を生かした高い技術力による、見積・仕様・施工方法・強度検討・設計・製造・品質管理等を日々行っています。
    お客様の高い信頼を得て、ご満足の頂けるFRP製品を市場に提供しています。

    <生産品目>
    FRP製タンク(密閉型・開放型・横型)、角槽、配管部品(大中小口径)、ノズルフランジ、エルボ、排煙・排ガス・排液・脱臭装置及び関連配管一式、酸洗・メッキ装置、各種薬品タンク・冷温式タンク、運搬容器(タンクローリー・ローリーコンテナ)プラント付帯工事の設計施工・技術指導

    ここがポイント

    Point
    ここがポイント

    (1)FRP製のタンクローリーではトップシェアを誇っています
    (2)独自開発した直径8mもの特大製菅装置を保持しているのは、国内で富洋レヂン工業だけです(自社調べ)
    (3)残業は月平均4時間程度なので、ワークライフバランスを重視している方にオススメです
    (4)新入社員研修はOJT教育も含め、1~3年かけてじっくり行っています
    (5)自由な雰囲気の中、楽しみながら各人の創造力を生かし活動している人が多く、人間関係に惑わされず伸び伸びとした社風です

    プロフィール

    設立1965年1月
    資本金5,000万円
    代表者代表取締役社長 栁田 一男
    売上高7億2,000万円(2018年7月)
    従業員18人(男16人 女2人)

    会社データ

    本社〒416-0931
    静岡県富士市蓼原1073-4
    [本社MAP]
    • 大きな地図で見る
    • 他のMAPを見る

    アクセス企業に登録→

    • 基本情報
    • フォトアルバム
    • 新聞社イベント
    

    Copyright © Shizuoka Shimbun., All Rights Reserved.

    閉じる