このサイトからのみ受付

アクセス企業に登録→

コード
2052
  • 企業の特徴:
  • 売上高が3年連続UP
  • 環境問題に積極的に取り組んでいる
  • 転勤なし
  • 世界で活躍
  • ISOを取得
  • 日本一または世界一
  • 地域の文化活動に力をいれている
  • 新規事業に積極的
  • 資格制度、社員教育が充実
  • 既卒学生を積極的に採用している
  • 留学生を積極的に採用している
  • ポジティブアクション
  • くるみんマーク
  • 若年者応援宣言
  • 正社員採用
鉄鋼・金属製品
(株)小林ダイヤ
【ダイヤモンド切削工具の製造・販売】建築材~電子・自動車など幅広い分野で使用されている業界では知る人ぞ知るメーカー!安定経営で社員の離職率が極めて低いことが自慢です!
  • エントリー
  • 基本情報
  • 採用情報
  • 先輩社員の声
  • 新聞社イベント

プロフィール

自分が設計した刃物工具が、お客様の役に立ったことを実感できる仕事!
杉本 磨知(30) 四大理系卒 入社3年
出身形態:Uターン
業務1課 設計
  • 内勤
  • 出張アリ
  • パソコン使用
  • 制服または作業服あり

画像をクリックすると拡大できます

現在の仕事内容

私は【工業用刃物工具の設計業務】に携わっています。

設計業務と一口に言っても、設計や図面作製の他に、見積計算・材料発注・NCプログラム作製をはじめ、お客様との折衝や
購買業務も行うこともあり、業務内容は多岐に渡ります。

お客様からの依頼を具現化し、製造現場へ引き渡す重要なポジションになるため、責任は大きいですが、業務の幅が広く、
毎日新鮮な気持ちで取り組めています。

自分が設計した刃物工具がお客様の役に立ったり問題が解消されたときに一番やりがいを感じます。

1日のスケジュール

時刻内容詳細
7:40出社メール確認・昨日の業務の振り返り。
8:05部署内朝礼連絡事項・1日の作業内容の確認。
8:10業務開始(午前)設計や図面作製の他、各種業務を行う。
11:50昼休憩50分間の休憩 給食をいただいた後、20分ほど睡眠タイム。
12:40業務開始(午後)設計や図面作製の他、各種業務を行う。
15:00休憩10分間の小休憩。
17:00終業お客様が待っている業務がある場合は残業し、引き続き業務を行う。 ただし、毎週水曜日と、土曜や祝日の出勤日は、17時全員退社のノー残業デー。

職場の雰囲気

社長や上司との距離が近く、風通しが良いと思います。
前向きな提案であれば、社員の意見に耳を傾けてくれます。
経験豊富な社員が多く、分からないことは丁寧に教えてもらえます。
有給や育休も取得し易いと思います。

会社を選んだ理由

石川県の工業大学卒業後、Uターンで地元である静岡県に戻ってきました。
転職をしており、小林ダイヤが3社目の就職になります。
1社目は自動車部品メーカーで設計業務に携わっていました。
毎月80時間を超える残業をしていましたが、残業未払いが多く、仕事へのモチベーションがなくなり退社。
2社目は小売業界の大手企業。思い切って業界を変えてみました。
入社前と入社後のギャップが大きく、定年まで自分が働く姿が想像できず退社。
大学での経験を活かせる製造業で再び働くことを決意。
2社目の会社を退社後、通っていたハローワークの職業訓練校宛ての求人を見て会社見学をさせて頂きました。
小林会長や元木社長の「まずはやってみよう」というチャレンジ精神やお客様の役に立ちたいという姿勢に心を打たれ、
入社の意思を固めました。

学生の皆さんへのアドバイス

私が新卒での就職活動をしていた頃は、リーマンショックの影響が大きく、何十社も試験を受け1社内定を戴けるかどうかと
いう厳しい状況だったため、最初に内定を戴いた会社に入社せざるを得ませんでした。
現在は売り手市場のため、皆さんが入社する会社を選べる立場にあります。
待遇や福利厚生など、求人票の情報のみで会社を判断するのではなく、気になった会社には訪問して、働いている社員の方に
話を聞いたり、職場の雰囲気を自分の目で確かめたりして、自分が入社した時のイメージを浮かべてみると良いと思います。

充実した生活のために

週末は趣味であるサッカーやフットサル、音楽鑑賞(ロック)や夏フェス、スノーボードをして楽しんでます。
普段、事務所内でのデスクワークがメインなため、アクティブな趣味でリフレッシュして、平日の仕事への活力にしています。
これといった趣味が無い人は、今の内に趣味を見つけておくと、充実した社会人生活を送れますよ。

  • エントリー

アクセス企業に登録→

  • 基本情報
  • 採用情報
  • 先輩社員の声
  • 新聞社イベント


Copyright © Shizuoka Shimbun., All Rights Reserved.

閉じる