アクセス企業に登録→

コード
568
  • 企業の特徴:
  • ISOを取得
  • 日本一または世界一
  • 新規事業に積極的
  • 資格制度、社員教育が充実
  • 正社員採用
鉄鋼・金属製品
(株)木村鋳造所
本年度の採用は終了しました。
情熱があり、積極性のある方。小さなことでもチャレンジすることが好きで、周りとのチームワークをうまく活かしながら、粘り強く目標に向かうことができる方をお待ちしています。

TOP コメント

TOP コメント

代表取締役 木村 寿利

次世代のKIMURAを作る若い発想力と行動力に期待したい。

企業が生き残るためには、時代の変化に適合していく必要があります。現在KIMURAは、2027年の創立100周年に向けて、大きな変革の時期を迎えています。そのコンセプトになるのが「I.T.+I.T.=∞」。最先端の「Information Technology」と多彩な経営資源を生かす「Iron Tactics」の融合が、弊社の可能性を無限に広げていきます。来春の新入社員には、KIMURAの新しい時代を作ってくれる発想力と行動力に期待しています。

KIMURAは、100周年に向けたビジョンとして「KIMURA SMILE PROJECT 100」(KSP100)を策定しました。KSP100では、未来のKIMURAの姿を4段階で示しています。第1段階は「『安心』『安全』『安定』がある企業」になることです。社員の幸福を目指し、安全な職場、安心できる生活、安定した経営にこだわります。続いて「真の品質を文化とする企業」です。全社員が品質に対する当事者意識を持ち、常に自分自身で考え、品質重視の行動を取るようにします。また、不具合はゼロが原則です。第3段階では「新しい仕事や事業を成し遂げ、世界に類を見ない企業」を目指します。技術が向上し、弊社のさまざまな活動によって新しい市場を創出し、KIMURAブランドを不動の位置付けにします。最終段階が「社員一人ひとりが革新的なスキルやアイデアを兼ね備えた企業」。話し合いと情熱、創造、調和をベースに活動し、新技術や工法を創造します。また、今まで取り組んできたクリーンファンドリーを更に発展させ、より高機能で高い生産性をもつスマートファンドリーを実現します。

そして、弊社が目指す未来の姿の実現には、斬新なアイデアを出せる若い力が不可欠です。KIMURAで働きたいという意思と夢の実現に向かって行動しようとする力があれば、入社前に鋳造の詳しい知識が無くても構いません。私にとって、社員は夢を共有する仲間。元気があって、はっきり夢を語れる人と一緒に、新しいKIMURAを作りたいと思っています。

  • 基本情報
  • 採用情報
  • もっとPR
  • 先輩社員の声
  • 新聞社イベント

事業内容

事業内容

KIMURAグループは「鋳造の革命児になる」ことを目指しています。そして今、既存のプレス金型、工作機械・産業機械の分野でのQuality・Cost・Deliveryにおいてお客様からの信頼を確保しながら、新たな分野への進出をしました。私たちはフルモールド鋳造法の可能性を信じ、ディーゼルエンジンや風力発電、あるいはガスタービンやコンプレッサーといった未知なる世界へのチャレンジのプロセスとして、明確な意思を持ってフルモールド鋳造法を選択しました。世界中のKIMURA品質・KIMURAブランドを待ち望んでいる多くのユーザーのために、今何が求められ、何をすべきかを考えながら、3次元積層造形システム(3Dプリンタ方式)の技術と発想を活かしたフルモールド法とのハイブリッド製法や、ハイグレードな鋳鋼などへ展開しています。今では、フルモールド法を用いない製品や製法も展開し、KIMURAの可能性を拡大しようとしています。世界に向けて動き出したKIMURAグループは、その製品はもとより、「ものづくりは人づくり」の観点から、社員の社外価値を高めるために、様々な教育・研修・研究を階層ごとに行い、個々のレベルアップが企業の強さ・強みになるように実践しています。

ここがポイント

Point
ここがポイント

(1)フルモールド鋳造技術では世界トップクラスのメーカー
フルモールド鋳造法とは、製品の形を決める模型に、一般的な木型ではなく、発泡スチロールを使った模型を製作します。それを砂の中に埋めて固定し、その後、高温で溶かした鉄を流し込み、発泡スチロールを気化させ製品を形成する方法です。この方法は、IT技術と非常に相性がよく大幅な省力化が図れるとともに、複雑な形の製品を短期間で製造できます。さらに大きな課題となっていた大量生産への対応も、模型作りを手作業から機械化することによって可能となりました。当社は、高品質・短納期を実現し、先進鋳造技術の第一人者として、業界の「未来」をリードしています。新入社員研修で基礎から学べますので、文理問わずどなたでも応募可能です。

(2) 自動車用プレス金型鋳物をはじめ、素形材業界に幅広く対応
KIMURAが造りだす製品は多岐にわたっており、独自のフルモールド鋳造法によるプレス金型用鋳物はもちろん、工作機械用、一般産業用鋳物を製造しています。鋳物は大型で、単品から量産鋳物まで対応しています。従来、フルモールド鋳造法は大量生産に不向きとされていましたが、プログラムによるNC加工法を確立したことで、量産鋳物の分野にも道をひらきました。豊富な経験と伝統に裏づけされた製造技術により、今日もお客様にご満足いただける高品質な製品を数々生みだしています。

プロフィール

設立1927年2月
資本金8,500万円
代表者代表取締役 木村 寿利
売上高222億円(2018年12月)
従業員829人(男664人 女165人)
グループ合計
事業所株式会社木村鋳造所御前崎工場(静岡県御前崎市)
株式会社木村鋳造所群馬模型工場(群馬県伊勢崎市)
株式会社木村鋳造所群馬工場(群馬県太田市)
東静工業株式会社伊豆模型工場(静岡県伊豆の国市)
東静工業株式会社群馬加工工場(群馬県太田市)
先端プロセス技術センター(静岡県伊豆の国市)

会社データ

本社〒411-0905
駿東郡清水町長沢1157
採用窓口
人事課人事係 柴原、渡邉
TEL 055-975-7051
FAX 055-975-9904
メールメールを送る
ホームページhttps://www.kimuragrp.co.jp/
SNShttps://twitter.com/kimurafoundry
採用HPhttps://www.kimuragrp.co.jp/recruit/index.html
[本社MAP]
  • 大きな地図で見る

アクセス企業に登録→

  • 基本情報
  • 採用情報
  • もっとPR
  • 先輩社員の声
  • 新聞社イベント


Copyright © Shizuoka Shimbun., All Rights Reserved.

閉じる