• この企業が2019年採用を、実施することを保証するものではありません。

アクセス企業に登録→

コード
1485
    建設・調査設計・設備工事
    (株)イーシーセンター

    TOP コメント

    TOP コメント

    代表取締役社長 海 野 幸 男

    地球の千年先にフォーカスすると、今やるべきことが、見えてくる。

    いつ、どんな場所にいても、私たちは地球とつながっています。
    この地球の環境なくして、だれも生きていくことはできません。環境問題は、私たち一人ひとりにとって「いのち」の問題なのです。
    こうした環境問題に継続的、積極的に努めることができ、資源循環型社会の形成について創造的に取り組めるこの仕事に、私はやり甲斐と、スケールの大きさを感じています。
    そして、MOTTAINAIの心を大切に、廃棄物が原料や製品となって息を吹き返したとき、明るい未来を確信します。
    千年先の未来は、千年先の人がつくるのではなく、現代の私たちがそれを決めるからです。
    「なぜこんなに地球は暮らしにくいのだろう」そんな言葉を未来の人たちに言わせていけない。
    いま、行動することで、未来を守ることができます。
    そのために、地域と共生・共栄を図りながら、市民共感型のリサイクル社会を早急に構築していきたいと思います。
    それが世界中に広がれば、これ以上の喜びはありません。

    『私たちの子どもたちに残したい未来がある。』

    フォトニュース

    フォトニュース

    画像をクリックすると拡大できます

    • 県下最大産廃処理工場 富士ST県下最大産廃処理工場 富士ST
    • 総合建物解体工事総合建物解体工事
    • (株)イーシーセンター 本社社屋(株)イーシーセンター 本社社屋

    もっと見る

    • 基本情報
    • フォトアルバム
    • 合同ガイダンス

    事業内容

    当社は総合建物解体、産業廃棄物の収集運搬、リサイクル事業を行っています。県下随一の処理能力を誇る中間処理工場は、混合廃棄物のリサクルを実現し、富士山のふもとにおいて埋立ゴミの低減を追求。「資源循環型社会の形成に貢献」を経営理念としております。

    昭和55年(1980年)に創業。約40年、静岡県及び周辺各県を商圏としています。建物解体から収集運搬処理、リサイクルまで一貫した業務請負が可能で、当社の強みです。様々な場所に立地する建造物を安全に解体するためには、優れた技術と蓄積されたノウハウが必要です。大型商業施設ビルから工場煙突、人口の密集する市街地狭小物件など幅広い施工実績があります。
    建設系産業廃棄物からRPF(石炭の代替固形燃料)をリサイクル製造・販売するスキームは静岡県では当社のみの取り組み。今後も建物解体と並行して積極的にリサイクルを追求していきます。

    ●総合建物解体工事
    ●産業廃棄物中間処理
    ●砕石販売
    ●瓦チップ販売
    ●RPF(固形燃料)製造販売
    ●産業廃棄物収集運搬


    ここがポイント

    Point

    (1)静岡県総合建物解体 実績35年のリーディングカンパニー
    (2)静岡県最大級のリサイクル工場
    (3)建物解体から廃棄物処理まで一括請負
    (4)産業廃棄物収集運搬車両35台保有
    (5)静岡県優良産廃処理事業者認定
    (6)ISO14001認定
    (7)若手の積極登用
    (8)毎期、黒字、需要堅調の地元安定企業

    プロフィール

    設立1980年1月
    資本金4,000万円
    代表者代表取締役社長 海野 幸男
    売上高39億8,974万円(2016年3月末)
    従業員121人(男100人 女21人)
    取締役及び全社員
    事業所本社
    静岡本店
    三島支店
    沼津支店(沼津ST、富士ST)工場
    厚木出張所

    会社データ

    本社〒416-0946
    静岡県富士市五貫島919
    主要事業所名(株)イーシーセンター 本社
    事業所所在地〒416-0946
    静岡県富士市五貫島919
    [本社MAP]
    • 大きな地図で見る

    アクセス企業に登録→

    • 基本情報
    • フォトアルバム
    • 合同ガイダンス
    
    閉じる