静岡県で就職しよう!

新卒のかんづめ2018
マイボード
説明会・試験
イベント
新卒のかんづめ×静岡経済研究所 静岡経済白書

静岡県の経済力・産業力

6 静岡県のサービス業

静岡県内総生産の過半を担う主要産業

拡大

 サービス業は、観光、飲食、医療福祉、教育、金融・保険、不動産など、その分野は多岐にわたり、静岡県内のサービス業総生産額は平成25年度には8兆646億円に上る。(図表1)県内総生産に占める割合は51.4%と、半分以上を占めており、本県経済におけるサービス業の重要性は大きいといえよう。
 次に、事業所数・従業者数の割合をみると、全体の事業所数は9万7,708件(全産業の53.5%)、従業者数は95万9,237人(同51.6%)と、いずれも全県の半数超を占めている。(図表2)内訳をみると、「宿泊業、飲食サービス業」が事業所数では最も多く、従業者数も16万人を超えている。「宿泊業、飲食サービス業」のうち「宿泊業」においては、全産業に占める構成比が、事業所数・従業者数ともに全国平均を上回っており、多くの観光地を有する本県の特色が出ている。
 そして、「医療、福祉」が従業者数で最も多く、「サービス業(他に分類されないもの)」も10万人を超える従業者を雇用している。
 一方、全国平均と構成比を比べると、事業所数・従業者数ともにほとんどの業種で本県が下回っており、サービス業に従事する人の割合は、相対的に低いといえる。とりわけ「医療、福祉」については、全産業の従業者に占める構成比(10.9%)が、全国平均(12.8%)を約2ポイント下回る。

拡大

1事業所あたりの従業者数は全国を下回る

拡大

 サービス業における各事業所の規模をみると、静岡県の1事業所あたりの従業者数は9.8人と、全国平均(11.2人)に比べてやや小規模である様子がうかがわれる。(図表3)これを業種ごとにみていくと、本県の特色である「宿泊業、飲食サービス業」で7.2人と全国平均(7.6人)を下回っているほか、「医療、福祉」(本県16.9人、全国17.8人)や「生活関連サービス業、娯楽業」(本県4.8人、全国5.2人)など、主要なサービス業で軒並み全国平均を下回っている。

拡大

  • 1. 静岡県の経済規模1. 静岡県の経済規模
  • 2. 静岡県の産業構造2. 静岡県の産業構造
  • 3. 静岡県の農林水産業3. 静岡県の農林水産業
  • 4. 静岡県の製造業4. 静岡県の製造業
  • 5. 静岡県の商業5. 静岡県の商業
  • 6. 静岡県のサービス業6. 静岡県のサービス業
  • 7. 静岡県の就業構造7. 静岡県の就業構造
  • 8. 静岡県の消費特性8. 静岡県の消費特性
  • 9. 静岡県のNo.19. 静岡県のNo.1