気になる企業に登録

コード
29
  • 企業の特徴:
  • 株の公開(店頭・上場)をしている
  • 地域の文化活動に力をいれている
  • くるみんマーク
  • 正社員採用
住宅・不動産
グランディハウスグループ
グランディハウスグループは、北関東トップクラスビルダーとして、新築住宅の分譲、中古住宅の流通、住宅リフォーム、不動産賃貸、建築材料販売等の事業を、北関東(栃木県、茨城県、群馬県)及び千葉県、埼玉県で行っております。現在は、分譲地ごとにテーマを持たせた個性的な外観と統一感を両立した「街並みづくり」とデザイン性・機能性・省エネ性・安全性に優れた商品により他社との差別化を図っております。
  • エントリー
  • 基本情報
  • 採用情報
  • もっとPR
  • 先輩社員の声
  • 新聞社イベント

事業内容

事業内容

(1)不動産販売事業(新築住宅・中古住宅・リフォーム)
(2)建築材料販売
(3)不動産賃貸事業等

ここがポイント

Point
ここがポイント

(1)快適で住みやすい「街並みづくり」。新たなステージへ『挑戦』を続ける。
新築住宅に関しましては、北関東トップクラスビルダーとして、栃木県・茨城県・群馬県及び千葉県に加え、昨年4月に埼玉支社を開設し、販売活動を開始。7月には企業統合により神奈川県へ進出を果たすなど、新たなエリアでの仕入・販売の強化、戸建分譲事業の拡充による持続的な成長を目指し挑戦し続けています。新築住宅の年間販売棟数は約1,400棟、累計販売棟数は18,000棟超。各地で戦略的大型分譲地を展開しています。商品面では、分譲地ごとにテーマを持たせた個性的な外観と統一感を両立した「街並みづくり」とデザイン性・機能性・省エネ性・安全性に優れた商品により他社との差別化を図っております。 


(2)お客様の『夢をカタチ』に。子供たちの『ふるさと』を創ります。
家の購入で、よく言われることは「人生最大の買い物」。多くのお客様にとっては初めての経験ですから、営業社員をはじめ、当社社員は住まいのプロとして、真摯に購入者のニーズに合った提案をすることが求められます。常に理想の家造りを目指して、宅地開発、住宅の設計・建築に技術社員ひとりひとりが切磋琢磨してつくり上げています。あなたの真心がお客様の「夢をカタチ」にし、お客様に新たな「ふるさと」を提供することになるのです。


(3)社員一人ひとりが輝ける企業を目指しています。
グランディハウスグループでは、社内組織「女性活躍推進委員会」を設置し、女性がより一層輝ける組織の実現に向けて様々な取り組みを進め、昨年は「えるぼし」認定を取得致しました。更には栃木県が主催する「男女生き活き企業表彰」(大企業部門)において、優秀賞を受賞するなど改革が評価されております。従来、男性中心の職場であった住宅営業や土地の仕入れ部門でも、女性ならではの視点や、きめ細かな対応で高い評価を得ている女性社員が多く在籍しております。今後も男女問わずに社員一人ひとりが存分に能力を発揮し、生き活きと働ける環境づくりに取り組んでまいります。

プロフィール

設立1991年4月
資本金20億7,750万円
代表者代表取締役社長 林 裕朗
売上高455億4,196万円(2020年3月末)
従業員824人(男641人 女183人)
(2020年4月現在/グループ全体)
事業所【グランディハウス(株)】
 栃木県/宇都宮市、真岡市、鹿沼市、小山市、佐野市
     矢板市、さくら市、那須塩原市
 茨城県/筑西市、古河市
 埼玉県/さいたま市

【茨城グランディハウス(株)】
 茨城県/水戸市、ひたちなか市、牛久市、守谷市、つくば市

【群馬グランディハウス(株)】
 群馬県/高崎市、伊勢崎市、太田市

【千葉グランディハウス(株)】
 千葉県/柏市

【グランディリフォーム(㈱)】
栃木県/宇都宮市、栃木市

【(株)中古住宅情報館】
 栃木県/宇都宮市
 茨城県/常総市
 東京都/世田谷区
会社沿革 1991年 4月
会社設立、宅地分譲事業を開始

1996年 4月
住宅事業を開始

2004年 1月
ゼネラルリブテック(株)を設立し、建築材料の販売を開始

2005年12月
東京証券取引所市場第二部に上場

2007年11月
茨城エリアの強化を目的に、茨城グランディハウス(株)を設立
群馬エリアの強化を目的に、群馬グランディハウス(株)を設立
グランディリフォーム(株)を設立

2011年12月
東京証券取引所市場第一部に上場

2013年 2月
千葉エリアの強化を目的に、千葉グランディハウス(株)を設立

2014年 9月
新築住宅の累計販売棟数10,000棟を達成

2017年 3月
栃木県・県南エリアの販売強化を目的に、新社屋を建築、県南支社を移転

2018年12月
栃木県・県北エリアの販売強化を目的に、県北支社を那須塩原市に移転

2019年 4月
埼玉支社開設

2019年 7月
株式取得により株式会社プラザハウス及び株式会社ウェルカムハウスを子会社化

2020年 1月
新築住宅累計販売棟数17,000棟達成





職種紹介

    ■宅地開発職  
    『家づくり』のスタートとなる住宅用地の取得、用地の選定、  
    地権者との交渉・買収、行政との協議・許認可手続き、
    造成計画、工事管理などを行います。 
    地権者・行政・近隣住民など、様々な立場の方との折衝が多く、
    不動産に関する幅広い知識が必要とされますが、
    その分、大きなやりがいを感じられる仕事です。

    ■設計職  ※建築系学科対象 
    分譲地には、20~30棟の住宅を建てるので、街並や住環境など
    全体のコンセプト作りから参画します。
    グランディハウスの分譲住宅は、一棟一棟が異なる個性ある建物です。
    「創造力」を発揮して、お客様の「夢」を「カタチ」にしてください。

    ■施工管理職 ※建築系学科対象
    何も無い土地の上に、現場責任者として、多くの業者の皆様を指揮して、
    建物を完成まで導く仕事です。
    安全を第一に、品質管理、工程管理など、分譲住宅の最終段階を担当します。

    ■新築住宅営業職 
    分譲住宅、注文住宅のご案内から、商談・資金計画、引渡しまで、
    お客さまをサポートしていただく仕事です。
    新築分譲住宅は、実際の建物を見ながら提案できるため、自信を持って、
    お客さまをご案内してください。
    多くのお客様にとって、住宅の購入は初めてとなります。住宅の案内から
    資金計画、税金の相談など、お客様をサポートし、商談・契約・引渡し、
    そしてアフターフォローまで行います。
    単なる営業職でなく、お客様に寄り添い、ご希望やお悩みを共有する「お客様一人ひとりのアドバイザー」を目指してください。

    ■中古住宅営業職
    中古住宅として仕入れた物件は、再生(リノベーション)によって新築のような魅力ある商品に仕上げます。
    中古住宅の営業は、ご案内から、商談・資金計画、引渡しまでお客様をサポート
    していただく仕事です。将来的には、仕入れにも携わる機会もあります。
    不動産に関する幅広い知識と経験を身につけて下さい。

    ■リフォーム営業職
    グランディハウスにて住宅を購入されたお客様(オーナー様)を中心に提案営業を行っていただきます。
    お客様のご要望を聞き取り、プランのご提案から見積もり作成、
    工事日程の調整までお客様をサポートしていただく仕事です。
    リフォーム規模の大小関係なく一つひとつ心を込めたご提案をしてください。

    ■事務総合職 ※勤務地は宇都宮市のみ
    経理・財務・総務・法務・システム開発などの管理部門、または開発・建築・営業部門の業務に携わっていただきます。

会社データ

本社〒320-0811
宇都宮市大通り4-3-18
採用窓口
総務部 新卒採用担当
TEL[ 直通 ] 028-650-7777
FAX 028-650-7773
メールメールを送る
ホームページhttp://www.grandy.co.jp
採用担当から一言当社が社員数800名規模の企業グループに成長できたのは、お客様に頂いた厚い信頼と信用の賜物です。その信頼と信用を勝ち得たのは社員一人ひとりの努力にほかなりません。
グランディハウスグループでは、【人物重視】の採用です。住宅購入はお客様にとって人生の大きな決断です。【お客様に寄り添い、何事にもまじめに、ひたむきに挑戦できる方】と共に仕事がしたいと思っています。
当社には皆で協力し合う風通しの良い職場環境、安定した企業基盤があります。
ノー残業への取り組みや女性の活躍促進など働きやすい環境づくりも大切にしています。
誠実で熱意ある学生の皆さまからの応募をお待ちしております。
東証1部上場企業、ホームビルダーランキング、オリコン顧客満足度ランキング北関東第1位を受賞するなど、成長を続ける当社で一緒に成長しましょう。
[本社MAP]
  • 大きな地図で見る
  • エントリー

気になる企業に登録

  • 基本情報
  • 採用情報
  • もっとPR
  • 先輩社員の声
  • 新聞社イベント

この企業を見ている人はこんな企業も見ています

  • 花咲グループ 〔栃木小松フォークリフト㈱、㈱マテハンソフト、㈱ケイエムシー、㈱マテハンサービス〕
  • (株)壮関
  • (株)データサービス 宇都宮支社
  • 東京コンピュータサービス(株)
  • (株)下野新聞社


Copyright Shimotsuke Shimbun.

閉じる