• この企業が2021年採用を、実施することを保証するものではありません。

アクセス企業に登録→

コード
29
    住宅・不動産
    グランディハウスグループ
    • 基本情報
    • もっとPR
    • 先輩社員の声

    プロフィール

    まちをつくっていく仕事がとても魅力的でした。
    安田 侑杜己 四大文系卒 入社4年
    開発部
    • 内勤
    • 外勤
    • パソコン使用

    画像をクリックすると拡大できます

    現在の仕事内容

    私が所属しているのは、「開発部」です。住宅メーカーの「開発部」って、どんな仕事をするの?と、不思議に思われるかもしれません。
    具体的には、担当エリアから分譲用地になり得る土地を探してきて、土地を持っている地権者様を訪問し、交渉を行います。売却が決まったら、行政での許認可業務などの手続きをしたり、分譲用地の区画割等の設計をしたりと、担当業務は多岐にわたります。ある時は“営業職”のように交渉し、ある時は“事務職”のように書類整理をする。さらに、“設計職”のようにPCに向かって図面を書くことだってあるんです。そのために必要な知識も幅広いのですが、私たちが土地を仕入れなければグランディハウスの住宅が建たないので、責任も大きくやりがいも満点の仕事だと感じています。

    会社を選んだ理由

    私は、小さいときから新しい家や街並みを鑑賞することが好きだったこと、地元の企業で安心感があったことからグランディハウスの説明会に参加し、まちをゼロからつくっていく仕事なのだと知り、さらに興味を持ちました。
    女性である私に務まるだろうかとも考えましたが、女性活躍推進法の取り組みもあり、年々女性社員が増えてきています。私たちの代も女性の同期が多く、切磋琢磨しながら頑張れています。今は、働く女性のお手本になることが目標です。
    つまずきそうになると先輩がしっかりフォローしてくれるので安心して働くことができます。
    元々不動産の知識がない女性でも活躍できる環境なので、「新しいことにチャレンジしたい!」と思っている方がもっと増えると嬉しいです。

    学生の皆さんへのアドバイス

    私自身、他の業界も見ながら自分の志向を明確にしていきました。自分と対話しながら、やりたいことはなんだろう、安心できる場所はどこだろう、と改めて考えてみてください。
    また、面接等で企業の方と会うときには“笑顔”を忘れずに!人生の中でこの一度しか会わない方もいますし、どんなに不安な状況でも、笑顔の印象は本当に重要だと、この仕事をしていてよく感じます。
    就職活動中に自分自身とたくさん対話をして、自分にピッタリの企業を探してみてくださいね!

    仕事でのエピソード

    地権者様にとって土地は大切な財産。そのため、売却いただくのは容易ではありません。はじめてお会いしたときには、売却する意思はない、という方がほとんどです。
    その際、「売却しない理由」を深く伺うようにしています。すると、もっと良い活用方法があることや、土地の管理費等のお金がかからない方法もあることが明確になっていくのです。そんなやり取りを重ねるうちに、売却を決断いただけることもあり、“誰かの行動のきっかけ”になれることは嬉しいですね。
    また、町内へ挨拶周りをする中で、住宅のことや土地のこと等をご相談いただくこともあり、グランディハウスの看板を背負って仕事をしているのだと実感します。

    アクセス企業に登録→

    • 基本情報
    • もっとPR
    • 先輩社員の声
    

    Copyright Shimotsuke Shimbun.

    閉じる