アクセス企業に登録→

コード
142
  • 企業の特徴:
  • 売上高が3年連続UP
  • 転勤なし
  • 地域の文化活動に力をいれている
  • 新規事業に積極的
  • 資格制度、社員教育が充実
  • 既卒学生を積極的に採用している
  • ポジティブアクション
  • 正社員採用
ホテル・旅館
(株)東急リゾートサービス〔東急ハーヴェストクラブ 鬼怒川、東急ハーヴェストクラブ 那須〕
企業理念『感動創造企業~お客さまの感動、それが私たちの喜びです。~』を実現するため、他者を大切に思い、人の喜びや痛みが自らの喜びや痛みと感じられる心の豊かな方を求めています。心に残る人生の一ページを創るお手伝いをしませんか。
  • エントリー

フォトニュース

フォトニュース

画像をクリックすると拡大できます

  • 素敵な仲間たち素敵な仲間たち
  • 東急ハーヴェストクラブ鬼怒川東急ハーヴェストクラブ鬼怒川
  • 東急ハーヴェストクラブ那須東急ハーヴェストクラブ那須
  • 基本情報
  • 採用情報
  • 新聞社イベント

事業内容

会員制リゾートホテル(東急ハーヴェストクラブ)、ホテル、ゴルフ場、スキー場、別荘等、リゾート施設の運営・管理を行っています。
リゾートマネジメントのプロ集団として2001年10月、東急不動産㈱系列の関連会社12社が統合し設立しました。全国各地のリゾート施設を運営・管理し、今後も新規事業展開及び受託開発により事業拡大中。リゾートマネジメントのリーディングカンパニーを目指しています。

主な事業所
 ■ 東急ハーヴェストクラブ(会員制リゾートホテル)/29ヶ所 ※提携施設2ヶ所を含む
 ■ リゾートホテル/21ヶ所
 ■ ゴルフ場/23ヶ所
 ■ スキー場/9ヶ所
 ■ 別荘管理/12ヶ所
 ■ その他/7ヶ所

ここがポイント

Point

 東急ハーヴェストクラブは、別荘を持つ喜びとホテルを利用する快適さの両方を兼ね備え、カジュアルな雰囲気と洗練されたゆとり感あふれるリゾートライフを体験できるよう洗練されたサービスを提供しています。

 ホテルと聞くと、多くの方が施設のグレード感やお食事の美味しさなど「もの」を重視すると思われるかもしれません。しかし、豪華な施設や食事だけで最高の喜びを味わっていただけるのでしょうか。当社の仕事は、お客様が望まれる施設や料理などの「もの」を追求すると共に、すべてのスタッフが、一人ひとりのお客様と深く関わり、心に寄り添うことによって、お客様に「想い出」を創っていただくためのお手伝いをすることだと考えています。
 だからこそ、スタッフはお客様を「お帰りなさい」とお迎えし、「いってらっしゃい」とお送りします。お客様はスタッフ一人ひとりを名前で呼び、お客様とスタッフという立場を保ちながらも、まるで身内のように親しい関係を築いていく…これは「会員制」ならではの大きな魅力と言えるでしょう。「感動創造企業~お客さまの感動、それが私たちの喜びです~」をミッションステートメント(使命)に、私たちはすべてのお客様に喜んでいただける施設・サービスの実現に取り組んでいます。

プロフィール

設立1979年3月
資本金1億円
代表者取締役社長 熊沢 基好
売上高339億3,900万円(2018年3月末)
従業員1648人(男1181人 女467人)
2018年3月現在
事業所■ 東急ハーヴェストクラブ(会員制リゾートホテル)/29ヶ所 ※提携施設2ヶ所を含む
■ リゾートホテル/21ヶ所
■ ゴルフ場/23ヶ所
■ スキー場/9ヶ所
■ 別荘管理/12ヶ所
■ その他/7ヶ所
栃木県内事業所■ 東急ハーヴェストクラブ那須
那須郡那須町大字高久丙1792
■ 東急ハーヴェストクラブ鬼怒川
日光市鬼怒川温泉大原14-10
■ 那須国際カントリークラブ
那須郡那須町高久丙1792
■ ハンターマウンテン塩原
那須塩原市湯本塩原字前黒
■ マウントジーンズ那須
那須郡那須町大字大島
■スパックス鬼怒川
日光市鬼怒川温泉大原14-10

会社データ

本社〒107-0062
東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル
主要事業所名東急ハーヴェストクラブ鬼怒川
事業所所在地〒321-2522
栃木県日光市鬼怒川温泉大原14-10
採用窓口
月井 正和
TEL 0287-76-1902
FAX 0287-76-1999
メールメールを送る
ホームページhttp://www.resortservice.co.jp/
採用HPhttp://www.resortservice.co.jp/recruit/
[本社MAP]
  • 大きな地図で見る
  • 他のMAPを見る
  • エントリー

アクセス企業に登録→

  • 基本情報
  • 採用情報
  • 新聞社イベント


Copyright Shimotsuke Shimbun.

閉じる