Uターン学生必読!地元就活法

目次

はじめに

就職先を決めるうえで、業種、職種と並び重要なポイントとなるのがエリアです。
近年、学生の就活エリアが大都市圏に集中する傾向にあります。学生に認知度が高い企業が大都市圏に集中していること、出身地よりも効率的に就活できることが要因と考えられます。しかし、認知度の高い企業は競争率が高まります。誰でも入社できるわけではありません。また、希望するすべての学生を雇い入れる受け皿が大都市圏にあるわけではないのです。さらに、家庭を築き、一生を過ごすかもしれないという生活の視点も忘れてはなりません。
この地元就活法では、首都圏で活動するより、地元に戻って活動する方が有利になるポイントを紹介しています。また、首都圏と地方の就職活動の流れや、それぞれの違いについても触れていますので、途中から地元就職を選択肢に入れる方にも、役立つ内容となっています。
地元にも全国の企業に匹敵する、魅力的な企業が多く存在しています。選択の幅を広げる意味でも、ぜひ地元就職を考えてみてください。

キャリアカウンセラーからのメッセージ

「就活は仕事」プレビジネスのスタートを応援します。

人材サポート代表 NPO日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会 副理事長

長崎 一朗

プロフィール

就職活動において自分の将来像をじっくり考え、その方向に向けて進めていく方法もありますし、考えても答えが出ないなら、直観で就職する場所を選ぶのもひとつの手法であると思います。地元就職なのか、県外就職なのか、その中でも首都圏就職なのか、どこでもいいのか。ひとつ言えることは、自分をどこの場に置くかによって、就職した会社における仕事以外でも、プライベートの生活に変化があり、これから未来に向けて出会う方々に違いが出てくるでしょう。地元就職を考えた場合、地元の情報収集は必要です。それは、企業情報だけではなく、マクロの視点で地元経済の推移と未来予測、そして実際に地元のビジネスパーソンから生活 も含めた広い視点で情報収集を行います。学生時代とは違う地元へのかかわり方が見えてくるかもしれません。

大学からの就活サポーター

キャリアカウンセラー

宇賀田 栄次

プロフィール

「会社選びで失敗したくない」と思いは誰でも持っていることでしょう。「やりたいことを実現できる会社」を探す考え方もありますが、学生にとっては働いた経験が少なく、また変化する時代には「やりたいこと」だけで自分に合う会社選びは難しいと言えるでしょう。また仕事以外の時間にどんな人とどんな時間を過ごしたいのかということも会社選びにつながる大切な考え方です。私自身の経験で言えば、「転勤しながら多様な人たちと知り合って自分を高めたい」と考え選んだ会社では、知り合うのはグループ会社の人ばかりで実際には「多様な人たち」と交わる機会は少なかったことを覚えています。近視眼的にならず、周りに流されない会社選びを進めましょう。

人を巻きこみ、人にも頼る、就活を応援!

キャリアカウンセラー

野口 直子

プロフィール

地元就職とは、文字通り「地元で働く」ことです。 自分の生まれ育った場所ですから慣れ親しみ愛着があるのは自然なことです。 しかし「慣れ親しんでいること」や「愛着があること」と、そこで働くことが直結するとは限りません。 自分の好きな場所、自分と心理的に距離の近い場所、だから好き、だから働きたい、それは自分にのみ通用する理由です。 就職活動の中では、その企業で働きたい理由をしっかりと相手に伝える必要があります。 「地元に在るその企業で働きたい」のはなぜなのか?その理由を「なんとなく」「当たり前の感覚」と思考停止させずに、もっと根っこまで探って臨みましょう。 自分はなぜ地元で働きたいのか?を再度自分に問うてみて下さい。

就活で、あなたを笑顔に。

日本キャリア開発協会静岡地区地区長 キャリアコンサルタント(国家資格) 2級キャリア・コンサルティング技能士(国家資格)

堀池 智

プロフィール

仕事で活躍するには「好きを仕事に。仕事を好きに。」のどちらかです。すでに好きがある方は、それが活かせる仕事を探すことからはじめ、明確でない方は自分の興味、関心、価値観を書き出し、それと関係する仕事を好きになる努力をしましょう。例えば、地元就活で有利になる次の項目に興味、関心を持ち、すでに活躍している先輩の会社情報を収集してみるのも近道かもしれません。地元には小中高での先輩、同期、後輩と仲間がいて多種多様な会社で働いているため人脈やネットワークでも有利。また、親と同居することで、家賃・水道光熱費・ネットの基本料等、負担が減ることから、入出年収で比べたら首都圏大手より上になるかも。ただし社会人なので一定の負担はすべきことを忘れずに。