気になる企業に登録

コード
16
  • 企業の特徴:
  • 地域の文化活動に力をいれている
  • 新規事業に積極的
  • 既卒学生を積極的に採用している
  • 正社員採用
マスコミ

(株)上毛新聞社

明治20年の創刊から134年目を迎える今年、地域のきめ細かな情報を提供するとともに新たな取り組みにも挑戦しています。紙面上の写真が動き出すアプリやニュースサイトなど、若年層により興味を持ってもらえる情報発信を目指しています。
  • エントリー
  • 基本情報
  • 採用情報
  • もっとPR
  • 先輩社員の声
  • 新聞社イベント

プロフィール

(株)上毛新聞社の丸山 朱理さん23歳

スポーツを通じ県民に寄り添う
丸山 朱理(23) 四大文系卒 入社1年
出身形態:Uターン
編集局運動部
  • 外勤
  • 出張アリ
  • パソコン使用
  • 夜勤アリ

画像をクリックすると拡大できます

現在の仕事内容

 運動部ではその名の通り、スポーツに関連した取材を行っています。上毛新聞は、「本紙」と「上毛スポーツ」の2部構成が大きな特徴で、運動部では7人の記者が「上毛スポーツ」のスポーツ記事を日々特筆しています。

 さまざまなスポーツの試合会場に出向き、群馬県選手の活躍を取材します。私は夏場~秋口にかけて高校野球の取材をしました。野球については無知でしたが、スコアの付け方を1から学び、先輩記者にも助けられ無事終えることができました。たとえスポーツに詳しくなくても心配しなくて大丈夫です。
高校野球が一段落すると、バレーボールの実業団チームに密着、県内外で行われる取材をしました。会場で感じた感動を、自分ならではの切り口で特筆できることが、運動部ならではのやりがいです。同時に、「決まりごと」がほとんどないだけに、客観的な視点や創造性を大雪に、責任感を持って臨めます。

 今年は新型コロナウイルスの影響により、試合数が少なかったため、「人モノ」と呼ばれる取材に力を入れました。スポーツを支える裏方いる人を紹介し、普段は表に出ない人々の魅力を掘り下げることも楽しかったです。

1日のスケジュール

時刻内容詳細
11:00出勤会社の車を運転して試合会場へ向かいます。県内各地を移動するので運転免許は必須です。自分の車を使用することもあります。取材予定がない日は、昼すぎに出社するなど予定は自分で管理します。
13:00取材撮影をしながら試合を見ます。「今日はどこを書こうかな」と考えながら試合を見ます。運動部は写真が大切。写真部のカメラマンとともに行動することも多く、カメラの使い方を教わることができます!終えたら取材、最近はオンライン取材も増えています。
16:00軽食取材帰りにラーメン屋さんによって、夜に備えおなかを満たします!
17:00原稿執筆試合の取材を原稿にします。テーマを持ってわかりやすくを意識。
20:00翌日の準備次の取材の下調べなど。事前準備が大切です。
22:00原稿確認デスクの修正を経て、できあがった原稿を確認します。間違いがないか何度もチェックします。この作業は本当に大切です。
23:00 帰宅帰宅時間はまちまちです。ごはんを食べて、風呂に入って寝ます。不規則な働き方なので、体調管理は万全に。

職場の雰囲気

 休みがとりやすいです。新聞社の働き方は長時間労働、休日出勤もいとわないというイメージがありました。ですがそれは古い考えでした。現在は会社全体として働き方改革が進んでおり、上司から積極的に休みをとるよう言われるなど、非常に働きやすい環境です。忙しくて休みが取れないこともありますが、その分振替休日として別の日に確実に休めます。
 
 わからないことなど聞きやすい環境です。配属先が決まったらすぐ取材、特筆と業務に取りかかります。基本は「やって覚える」ですが、わからないことや困ったことは先輩記者やデスクに相談し、親身に聞いてもらえます。失敗を恐れず挑戦する環境が整っています。

会社を選んだ理由

 高校生~大学生時代に、上毛新聞の記者からスポーツの取材を受けたことで新聞社の仕事に興味を持ちました。私は特別良い成績を出した選手ではありませんでしたが、一生懸命励んできたこれまでの「背景」を丁寧に取材してもらい、地元紙ならではのあたたかさに魅力に感じました。
 
 また、地元で腰をすえて働きたいと思ったことも理由です。全国紙や通信社のインターンシップなどを受け、比較をしました。地方紙と全国紙で様々な違いがありますが、私は転勤や長時間労働を望まないことや、出産や育児などで部署異動の希望が通りやすいなどの理由から弊社を選びました。

学生の皆さんへのアドバイス

 就職活動は、色々な仕事を見ることができる人生で1度のチャンスだと思います。「やりきった」と思えるまで自分を見つめて行動してください。

 上毛新聞では、記者や営業だけでなく本当にさまざまな仕事があります。社員も個性的で価値観も多用です。興味をもったらぜひ受験してみてください。

 身体と心を大切に、たくさん挑戦してください。応援しています!

  • エントリー

気になる企業に登録

  • 基本情報
  • 採用情報
  • もっとPR
  • 先輩社員の声
  • 新聞社イベント


Copyright © The JOMO Shinbun. All Rights Reserved.

閉じる