• この企業が2020年採用を、実施することを保証するものではありません。

アクセス企業に登録→

コード
67
    建設・土木
    (株)ヤマト
    • 基本情報
    • 新聞社イベント

    事業内容

    『建物まるごと』、『分業からトータルへ』を合言葉に、地方の建設業の革新にチャレンジしています。

    具体的には、創業以来70年間培ってきた空調/冷凍/水処理の技術をコアとしつつ、建物のプランニング/意匠デザインを含め、建物のソリューションをトータルで提供しています。
    このツールとして昨年新設した「サポートセンター」は、お客様・設計者・メーカー・施工者の生産性を高めるステージとしての機能を持っています。3D-CADやCGを駆使し、等身大の完成イメージを疑似体験できる「バーチャルルーム」に加え、空調・衛生・照明・内装材など多数のメーカーの実物商品が体験できる展示スペースを併設する、お客様の意思決定のサポートセンターです。

    ○建築・設備の事業
    『建物まるごと』のプランニング/建築(意匠)デザイン/建築工事
    空調衛生設備の企画設計~施工/省エネシステムの企画設計~施工
    運転監視などファシリティマネジメント/メンテナンス/建物リニューアル

    ○冷凍冷蔵の事業
    スーパーマーケットや冷凍倉庫の、冷凍冷蔵設備の企画設計~施工

    ○水処理プラントの事業
    上下水道や食品工場などの水処理プラントの企画設計~施工

    ここがポイント

    Point

    (1) いわゆる『分業生産』が常識とされる建設業界にあって、『建物まるごと』に責任を持つ先進的なシステムづくりを進めている。
    例えば、歴史ある温泉旅館の湯船および給湯システムを、意匠デザインを含めてトータルで提供する企業に変化している。

    (2) 空調や衛生設備の配管を加工センターにてプレカット・ユニット化し、施工の生産性を大幅に向上するとともに、労働環境の改善に努めている。

    (3) 省エネ面では、電力平準化と省エネ性を実現した「大温度差蓄熱運転管理システム」(水蓄熱空調)で特許を取得し、冷凍冷蔵の分野ではノンフロン化による環境に優しい「ウルトラ・エコアイス」を独自で開発し、注目を集めている。

    (4) 温浴施設・プール施設等のレジオネラ問題の全面解決へ向け、独自の「ヤマトサニタリーシステム」を開発し、全国のお客様に向けて情報発信をしている。

    (5) 水処理分野において、UV(紫外線)や高速濾過機など企画・納入を進め、メーカーとしての役割と責任を担っている。

    プロフィール

    設立1946年7月
    資本金50億円
    代表者代表取締役 社長執行役員 町田 豊
    売上高410億円(2016年3月)
    従業員770人(男678人 女92人)
    事業所本社:前橋市
    (支店)関東各都県、及び東北(宮城県)

    会社データ

    本社〒371-0844
    前橋市古市町118
    [本社MAP]
    • 大きな地図で見る
    • 他のMAPを見る

    アクセス企業に登録→

    • 基本情報
    • 新聞社イベント
    

    Copyright © The JOMO Shinbun. All Rights Reserved.

    閉じる