アクセス企業に登録→

コード
16
  • 企業の特徴:
  • 地域の文化活動に力をいれている
  • 新規事業に積極的
  • 既卒学生を積極的に採用している
  • 正社員採用
マスコミ
(株)上毛新聞社
明治20年の創刊から131年、地域のきめ細かな情報を提供するとともに新たな取り組みにも挑戦しています。紙面上の写真が動き出すアプリやニュースサイトなど、若年層により興味を持ってもらえる情報発信を目指しています。
  • エントリー

TOP コメント

TOP コメント

代表取締役 北村 幸雄

今日を伝え 明日をつくる

上毛新聞は明治20(1887)年の創刊以来、常に県民の皆様に寄り添い、歴史の記録者として責務を果たすため、社員一丸となって紙面づくりに取り組み、時代の鼓動を伝えてまいりました。

群馬県の地元紙として、われわれが心がけているのは、先人が残した「今日を伝え 明日をつくる」ことです。地元を意識した「地ネタ」主義の徹底、本紙と上毛スポーツを2部構成にする「ツイン方式」の採用など紙面はもちろん、広告掲載、文化・スポーツ振興、地域貢献に関わる事業展開、故郷に思いを寄せる出版事業など、読者の皆様に親しまれる紙面づくりを心がけています。

社会情勢は多種多様化し、混沌とした時代にあります。新聞の役割と責任はますます大きくなっています。読者の皆様の信頼を大切にし、期待にこたえていきます。

フォトニュース

フォトニュース

画像をクリックすると拡大できます

職場の雰囲気を写真をご紹介します。
Facebook「上毛新聞 採用情報/会社紹介」
https://www.facebook.com/jomoshinbun.saiyou
で上毛新聞社の〝いま〟を届けています。ぜひご覧ください。

  • 望遠レンズを構えるカメラマン望遠レンズを構えるカメラマン
  • 社員研修でグループワーク社員研修でグループワーク
  • 本社屋本社屋
  • 基本情報
  • 採用情報
  • もっとPR
  • 先輩社員の声
  • 新聞社イベント

事業内容

事業内容

◇日刊新聞(朝刊)の発行
毎日30万部の新聞を発行し、読者のもとに届けています。
上毛新聞社の根幹となる事業です。

◇書籍の出版
創刊以来蓄積したノウハウを生かした書籍発行や出版業務を行っています。

◇各種イベントの企画・運営 
新聞という公共性を生かしたイベントを催しています。
・「ぐんまマラソン」
2015年からフルマラソンを導入し、1万5,000人を超えるランナーが上州路を走ります。
・「ぐんまイノベーションアワード(GIA)」
県内の企業家を発掘し、地域経済を盛り上げようとする斬新イベント。全国でいち早く始まりました。
・「ぐんまプログラミングアワード(GPA)」
“未来のプログラマー”を育てるプログラミング力のコンテスト。2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化するのを前に2017年から始まりました。
・そのほか、文化活動やスポーツなど地域に密着した事業を数多く手掛けています。

◇インターネット関連事業
全国の地方新聞社ネットワークを生かしたネット販売「47クラブ」など多岐にわたる業務を展開しています。上毛新聞社とグリーンファンディングが共同で運営するクラウドファンディング「ハレブタイ」で資金募集の活動も行っています。

ここがポイント

Point
ここがポイント

(1)“地ダネ”主義
→県内関連のニュースを最優先にした紙面構成。

(2)2部構成「ツイン版」方式
→政治・経済・社会面などが本紙、スポーツや芸能情報などをスポーツ版に。平成24年7月、日本新聞協会技術委員会賞受賞。1988(昭和63)年から。

(3)発行部数は30万部
→販売シェアは県内トップとなる4割。広告媒体としても広く活用。

(4)子ども向け新聞「週刊風っ子」
→大人だけでなく、子どもにも新聞に親しみをもってもらおうと、毎週日曜日に発行。タブロイド版で読みやすさも追求しています。

(5)地域活性化にも貢献
→フルマラソンを楽しめる「ぐんまマラソン」をはじめ、前橋・グリーンドームで「ぐんまイノベーションアワード(GIA)」=写真=など多岐にわたるイベントを開催。

(6)無料アプリ「上毛新聞AR」
→新聞掲載写真をスマートフォンでかざすと動画が楽しめる無料アプリを公開。

(7)有料携帯サイト「じょうもばいる」
→「今」起きている生のニュースを配信。高校野球のイニング速報も。2013年3月から開始。

プロフィール

設立1887年11月
資本金3,648万円
代表者代表取締役 北村 幸雄
売上高80億3,500万円(2017年度末3月)
従業員379人(男272人 女107人)
(平成29年12月現在、嘱託・パート含む)
事業所<総局>東毛総局(太田)

<支社>高崎、東京(以上は報道、営業部門併設)、大阪(営業部門のみ)

<支局(取材拠点)>前橋、桐生、伊勢崎、太田、沼田、館林、渋川、藤岡、富岡、安中、わたらせ(みどり市)、中之条、大泉

<印刷工場>伊勢崎

採用試験応募方法

    ■募集職種
    編集記者、広告営業などの業務(配属先は入社後決定)

    ■募集人数
    5~10人程度

    ■応募資格
    2019(平成30)年3月に4年制大学(同程度)を卒業見込み、または1990(平成2)年4月2日以降の生まれで4年制大学を卒業した人。入社時の年齢が28歳以下(長期キャリア形成のため)。学部学科は問いません。

    ■申し込み方法
    Web-JUMPSの当社「会社データ」にあるエントリーシートURLから入社志願書(A4判2枚組み)を印刷し、必要事項をご記入の上、当社まで郵送または持参してください。

    ■筆記試験
    ▽科目 一般常識、作文

    【送付先・問い合わせ】
    上毛新聞社総務局総務部「定期採用」係 (〒371-8666 前橋市古市町1-50-21 電話027-254-9977)

会社データ

本社〒371-8666
前橋市古市町1-50-21
採用窓口
総務局総務部採用係
TEL[ (総務局代表) ] 027-254-9977
FAX 027-254-9907
メールメールを送る
ホームページhttp://www.jomo-news.co.jp/
SNShttps://www.facebook.com/jomoshinbun.saiyou
採用HPhttps://www.jomo-news.co.jp/company/info/recruit
採用担当者より【求める人材像】
①群馬の将来を熱く考えられる人
②相手ときちんと向き合える人
③指示待ちではなく自分自身で動く人
④自らを向上させていく意欲と姿勢を持った人
以上の4点です。

【“今”を伝える使命】
新聞社は、一つひとつの事実を確かめ、今この一時を歴史に刻み、社会に提言する使命があります。

「甲子園で優勝する瞬間に立ち会え、持っていたペンが震えた」「多数の死傷者を出した事件事故に胸をえぐられる思いがした」「何千人もの来場者を動員したイベントを成し遂げた」―。第一線の現場で活躍する若手社員が話してくれた体験談です。

上毛新聞社には群馬の“今”を読者に伝える責務があります。それと同時に、日常の生活では味わえない経験、数多くの出会いが待っているはずです。インターネットが普及し、変革の時を迎えた新聞社で、私たち社員とともに新しいことに挑戦してみませんか。群馬で働きたい、群馬を盛り上げたい、群馬に恩返しがしたい。そんな大志を抱く皆様を社員一同、心待ちにしております。
[本社MAP]
  • 大きな地図で見る
  • 他のMAPを見る
  • エントリー

アクセス企業に登録→

  • 基本情報
  • 採用情報
  • もっとPR
  • 先輩社員の声
  • 新聞社イベント

閉じる